認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)

IMCCD公式ブログです

認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) イメージ画像
カンボジアでの地雷処理活動、日本での平和啓発活動等の様子を皆様にお伝えしていきたいと思います。

当団体HP内 (http://www.imccd.org) で更新していた活動レポートですが、今後livedoorブログで報告して参ります。

訪問者所感

2020.2.7-11タサエン滞在 高山さん、関係者の皆様、五日間という短い間でしたが、お世話になりました。 私は、今回の活動を通じて、様々な経験、発見をすることが出来ました。 地雷、不発弾の処理はもちろん、結婚式への参列、高校の行事への参加等、日本で生活していては

2020.2.7-11タサエン滞在約五日間ありがとうございました。 国際ボランティア・カンボジアは私にとって初めての経験であったため、とても緊張していましたが、ここへ来てみたら、とても心地よく日本へ帰りたい気持ちが無くなりそうになりました。 2月10日、時限爆弾の被害

2020.2.7-11タサエン滞在   4泊5日お世話になりました。渡航前はコロナウイルス等の心配により来られない人が続出していたため、とてもとても不安でした。どうなってしまうのか、うまくいくのかいかないのかなど考えていました。私ははるかといっしょにこのボランティアの

2020.2.7~2.11タサエン滞在グローバルフェスタでIMCCDのブースを見て、お話を聞いて更に興味をもって神奈川大学のサークルに同行させてもらい、カンボジアまで来ました。 発展途上国に行くのが初めてで、不安もありましたが、毎日3食しっかり食べて、動いて、よく寝て、日

2020.2.7-11タサエン滞在   カンボジアに来て、大事なのは生活や環境が良い悪い関係なく、心が豊かであるかだと思います。 どこへ行っても皆笑顔で明るいです。突然結婚式に行っても迎えてくれて、一緒に踊ります。言葉が通じなくても笑顔があれば友達です。子ども達も

↑このページのトップヘ