認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)

IMCCD公式ブログです

認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) イメージ画像
カンボジアでの地雷処理活動、日本での平和啓発活動等の様子を皆様にお伝えしていきたいと思います。

当団体HP内 (http://www.imccd.org) で更新していた活動レポートですが、今後livedoorブログで報告して参ります。

訪問者所感

2020.2.7~2.11タサエン滞在  私がこのボランティアに行きたいと思ったのは、大学生の時間があるうちに、いろんな国に行って、異文化体験をして、自分の思考力を高めたいと思ったからです。 来る前のカンボジアのイメージは、お風呂に入れなかったり、十分に食事がとれな

2020.2.7-11タサエン滞在   私の初めての海外がこのカンボジアでのボランティア活動でした。ここでの生活は今まで日本で送ってきたものとは正反対で、毎日が新鮮で新しい発見ばかりでした。  4泊の中で驚いたことは、カンボジアの方たちの心の温かさです。申し訳ないで

2020.2.7-11タサエン滞在到着が近づくにつれて、建物が増え、人の往来が増えていたのを覚えています。 しかし、そこはもともと地雷原であり、この土地は除去活動の賜物なのだと実感できました。また、その除去活動の見学をした際、爆破する様子を見ましたが、その爆発を見て

2020.2.7-11タサエン滞在   このボランティアに行く前は、カンボジアのことを何も知らなかったし、貧しい国にボランティアに行くという事で、楽しみな気持ちと不安な気持ちがあったと思う。 けれど、実際に行くとイメージとは違うことがたくさんあり、一番に感じたのは、

2020.2.7-11タサエン滞在 私は小学生の時にガールズスカウトに入っていて、ユニセフ募金などのボランティア活動をしたことがあり、大学生になったら海外ボランティアをしたいと思っていたため、今回参加させてもらいました。 また、アンビリバボーを来る前に見て、自分の目

↑このページのトップヘ