認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)

IMCCD公式ブログです

認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) イメージ画像
カンボジアでの地雷処理活動、日本での平和啓発活動等の様子を皆様にお伝えしていきたいと思います。

当団体HP内 (http://www.imccd.org) で更新していた活動レポートですが、今後livedoorブログで報告して参ります。

地雷処理

 バッタンバン州サンパウルーン郡で107ロケット弾(中国製)、81mm迫撃砲弾(中国製)、Type69型対人地雷(中国製)を回収しました。
『地雷・不発弾の回収』の画像

竹梯子を作りました。宿舎の猫の遊び場にもなっている天井裏が気になっていたこともあり、お隣の家の竹藪畑から竹を貰って作りました。最後は見かねた大工のカーが見事に完成させてくれました。(撮影:宿舎のオンちゃん)
『宿舎で大工遊び』の画像

宿舎から7~8Km東のタサエン地区のオ・タクラー村の村人から連絡があり、MD82B型対人地雷(ベトナム製)を回収しました。この地雷は小型なので子供達が軽易に遊んで被害を受ける場合があります。
『対人地雷の回収』の画像

2024.5.16 Prah Vihea provinceの畑で、対戦車地雷を農耕作業中のトラクターが踏んで大破し、運転手1名が死亡しました。この畑はおそらく10年くらい前には開墾されていたと思います。このような事故の時、村人は「もう何年もトラクターで耕しているのに・・」と、今回、地雷
『対戦車地雷事故』の画像

朝食をクマエ蒸留会社の社員達と食べた後、朝から地雷原に行きました。 宿舎から1時間くらいのカンボジア・バッタンバン州サンパウルーン郡田スターコミューンオチョムナッツ村のマンゴーの畑です。地雷原No.14242、77,152m2(7.7ha)。気温はほぼ40度に近い猛暑でした
『地雷原へ』の画像

↑このページのトップヘ