2022.8.16-8.18タサエン滞在


高山さんへ

 3日間本当にお世話になりました。

行く前は危険なのではないか、食事が合わなかったらどうしよう・・。そんな小さな不安を深く考えて行くか迷ってしまう自分もいました。しかし高山さんが何から何まで用意をしてくださったおかげで何一つ困ることなく、素敵な3日間を過ごすことができました。

 ここでの生活は全てが新鮮。沢山フルーツが生えていること、基本的に外で生活していること、トイレは自分で水を流すこと、犬が隣の家のニワトリを狩りしてきてしまうことなどなど、まだまだ数えきれないくらいのことが私の中ではじめての経験でした。

 常に新しい発見があってずっとわくわくした気持ちでいることができました。日本にずっと住んでいると、発達した生活が当たり前になってしまいますが、ここに来ることで人と交流、繋がることの素敵さ、食のありがたみ、ゆっくりとのんびりした生活をするからこそ気がつくことができた気がします。

 パニョラちゃんをはじめ、ここに住んでいる人、マウちゃん、日本語学校の子どもたち、本当に皆温かく迎えてくれて幸せでした。子どもたちの学ぶ姿勢にもすごく驚かされました。今の私は、さぼれるものならさぼりたいという気持ちで大学に通っています。しかし、小学校の子どもがこんなに一生懸命自ら日本語を勉強している姿を見て、私も自ら学ぶ姿勢を大切にしなければな、と考えを改めるきっかけになりました。

 私たちを迎えてくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。沢山お礼はお伝えしましたが、改めてお礼をお伝えください。

 高山さんに今回おあいできなかったのは残念ですが、ぜひまたの機会にお会いしたいです。本当にありがとうございました。 
                                        増田寧々