認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)

IMCCD公式ブログです

認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) イメージ画像
カンボジアでの地雷処理活動、日本での平和啓発活動等の様子を皆様にお伝えしていきたいと思います。

当団体HP内 (http://www.imccd.org) で更新していた活動レポートですが、今後livedoorブログで報告して参ります。

February 2020

2021.2.3(水)離隔11日目・・・早いですね。もう「出所」(笑)!! おそらく、5日(金)にPCR検査があって陰性なら6日(土)解放されると思います。IMCCD10周年の小冊子の原稿書きは、もう少し時間がかかりますが、夜業を含めてやり上げなければと。今日は

 1日中、政府のプラチャン閣下と意見交換をしました。もう、15年も信頼関係を保ちながら、高山を支えて下さっている方です。この日も、確信になる質問が多く、日本の専門家の方にリモートで直接説明をして頂きました。通訳のソックミエンとのコンビも15年になりますの
『活動報告』の画像

 16-17日、プノンペンでの用件を済ませ、今日18日(木)、朝8時プノンペンを出発して、国道5号線を走り、コンポンチュナム州~ポーサット州~バッタンバン州都~パイリン州を経て、タサエンの宿舎に夜20時頃帰りました。12時間かかりました。私が3時間くらい
『移動』の画像

神奈川大学生17名4泊5日、金城学院大学生25名2泊3日でタサエンを訪問され、その感想文を読むと「人生観が変わった」「人々が暖かい」「幸せな時間を過ごせた」「言葉は通じなくても気持ちは通じ合えた」「貧しくても笑顔の溢れた人々と過ごせた時間は幸せだった」「
『大学生達のタサエン訪問感想』の画像

ALIS開発者の東北大学佐藤教授と学生の近藤さんが現地に来られてALISによる探知の現地指導を行っていただきました。
『新型地雷探知機ALIS』の画像

↑このページのトップヘ