認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)

IMCCD公式ブログです

認定NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD) イメージ画像
カンボジアでの地雷処理活動、日本での平和啓発活動等の様子を皆様にお伝えしていきたいと思います。

当団体HP内 (http://www.imccd.org) で更新していた活動レポートですが、今後livedoorブログで報告して参ります。

更新情報

朝は真っ白い雪景色。タクシーで会場へ。今日は、美智子さん、直子さん、由香さん、外国人のマリさんが手伝っていただく。ブースに来られる方々の様子が昨日までと少し違って、バーマン、バーテンダー、美味しいお酒を探している皆さんが多くなったように感じました。土曜日
『国際見本市3日目』の画像

昨日に引き続きフランス語の通訳などをサポートして頂いている美智子さんと、今日からお世話になる由香さんが加わり、更にブースでの活動が十分にできた1日でした。特に、ブースに来られる方は増えました。フランスでも超一流のホテルのバーテンダーの方から「ソラクメール
『国際見本市2日目』の画像

いよいよ初日が始まりました。この見本市は正確には、「SIRHA LYON2023」と言われて、40年前からここフランスのリヨンで2年に1回開催される国際的にも屈指の有名な見本市と言われています。2020年はコロナで断念されましたが、今年21回目が開催されました。そして初め
『国際見本市1日目』の画像

パリのホテルで美味しい朝食を頂き、マリさん、ビオレッタさんに見送られてタクシーでリオン駅へ。美智子さんと合流し無事リオン行きの特急列車に。列車内も誰もマスクをかけていませんでした。車窓からはずっと雪景色を楽しみ2時間後にみぞれが降るリオン駅に到着。タクシ
『パリ⇒リオンへ移動』の画像

朝8時過ぎ、フランス・パリのドゴール空港に着きました。飛行機から下りたらまるで冷凍庫に入ったようでした。気温1度。パリ在住42年の美智子さんが出迎えて頂き、タクシーでパリ市内へ。ホテルは『Gare de Lyon』駅近くの『HOTEL RIESNER』。ホテルレディーのマリさんと
『フーテンの寅、雪駄を履いてパリを行く』の画像

ちょうど本日、フランスの視察団がカンボジアのバッタンバン州を訪問され、ソラクメールを試飲されたそうです。普段ブランデーなどでスピリッツの舌が肥えているフランスの議員の視察団の皆さんもソラクメールの試飲ですっかりそのまろやかさ、美味しさに感動されソラクメー
『フランスの視察団』の画像

2023.1.15(日)東温市の増田さんご家族にお誘い頂いて、プノンペン市内で夕食をご一緒いたしました。カンボジアで活動したいというお話をお伺いいたしました。
『増田さんご家族と夕食』の画像

2023.1.12(木)~13(金)IMCCD地雷処理チームは、村人からの情報で不発弾を回収しました。
『不発弾の回収』の画像

2023.1.13(金)午前中にちえさんや東京の堀さんとZoom懇談。午後2時ホテルにRoiさん来客面談。18時カンボジア政府から香港のコンソルに駐在されているNeakyさんのご自宅にお伺いしてソラクメールの話をしました。香港での展示会に持って帰っていただくことになりました。
『プノンペンでの活動』の画像

タサエン宿舎を朝8時過ぎに出て、プノンペンに車で向かいました。ソックミエンと運転を交代しながら国道59号線~国道57号線~国道5号線を450Kmを走ります。車の中では殆どフランス・リオンでの国際見本市の調整の時間です。まだまだ細部の調整できていないところを
『タサエン⇒プノンペンへ移動』の画像

↑このページのトップヘ